【高齢者向け】床で行うストレッチ体操を健康運動指導士が動画で解説

エクササイズ

こんにちは!
健康運動指導士のいまめっぐです(^^♪
私の詳しいプロフィールはこちら

 

今回は、【高齢者向け】の床で行うストレッチ体操を動画で解説します。

  • 高齢者向けの床で行うストレッチ体操が知りたい
  • 簡単なストレッチ体操が知りたい
  • 寝る前にゆっくりストレッチしたい
  • 親に簡単な体操を教えてあげたい

こんな方に、このストレッチ体操はぴったりの内容になっています。

 

いまめっぐ
いまめっぐ

3分でまんべんなく全身を伸ばしていきます。

 

 

【高齢者向け】床で行うストレッチ体操をやってみよう!

では、早速【高齢者向け】床で行うストレッチ体操をやってみましょう!

 

 

いかがでしたか?

 

いまめっぐ
いまめっぐ

この床でやるストレッチ体操は寝る前のストレッチにぴったりな内容になっています!

 

もちろん、寝る前じゃなくてもできるストレッチ体操ですので、時間を見つけて3分間やってみてくださいね。

 

 

【高齢者向け】床で行うストレッチ体操の流れ

それでは、この床で行うストレッチ体操の流れを解説します。

 

床で行うストレッチ体操の流れ
  1. 深呼吸
  2. 首のストレッチ
  3. 肩回し
  4. もも裏のストレッチ
  5. ももの内側ストレッチ

 

こんな流れになっています。

 

いまめっぐ
いまめっぐ

たった3分間の中で、全身をまんべんなくストレッチできる内容になっています。

 

 

【高齢者向け】床で行うストレッチ体操の動作解説

それでは、床で行うストレッチ体操の動作を一つずつ解説していきます。
①深呼吸は飛ばしますね。

 

②首のストレッチ

では、深呼吸が終わったらまずは首のストレッチから行います。

 

 

首のストレッチの流れ
  1. 頭を左に傾ける
  2. 頭を右に傾ける
  3. 左右に頭を揺らす

 

首筋の伸びが足りない方は、両手を体の外に置いて肩の力を抜きましょう。

 

いまめっぐ
いまめっぐ

深呼吸をしてどんどん力を抜いてリラックスしながら伸ばします。

 

頭を左右に揺らして首筋をまんべんなく伸ばします。この時には、できるだけ斜め上まで大きく左右に揺らすようにしましょう。

 

【高齢者向け】床で行うストレッチ体操の動作解説

(モザイクで顔の向きがわかりにくくてすみません💦)

 

首を回さなくても、左右に大きく揺らすだけでもしっかり首周りの筋肉が動きます。深呼吸をしながら左右に気持ち良いペースで揺らしてくださいね。

 

③肩回し

次は、肩回しです。

 

【高齢者向け】床で行うストレッチ体操の動作解説

 

肩回しの流れ
  1. 肩に両手を置く(届かない人は近づけるだけでOK!)
  2. 肘で大きな円を描くように回す
  3. 反対も同様に行う

 

肘で大きな円を描くように回すと、肩甲骨が大きく動いて肩回り背中の筋肉が良く動きます。肘を上に向けるときに息を吸って、吐きながら肘を下ろしましょう。

 

いまめっぐ
いまめっぐ

肘を下ろすときには脇を閉じるようにするとGood!です。

 

肘の向きを「前→上→横→下」の順にしっかり動かしましょう!肩甲骨がたくさん動いてほぐれると肩こり解消にも効果があります。

 

もっとこの肩回しをやりたい方はコチラ

 

 

④もも裏のストレッチ

次からは足のストレッチです。まずは、ももの裏側から伸ばしましょう。

 

【高齢者向け】床で行うストレッチ体操の動作解説

 

 

もも裏のストレッチの流れ
  1. 片足を曲げ、もう一方の足を伸ばす
  2. 伸ばした足側の手でクロスするように反対の膝を抑える
  3. 曲げた足側の腕を上に伸ばし、伸ばした足の方へ体を倒す
  4. 体を戻し、反対も同様に行う

 

 

曲げている方の足は無理に抑えなくても大丈夫です。その場合は、伸ばした足の膝あたりに手を添えてやってみましょう。

 

いまめっぐ
いまめっぐ

同時に体の横も伸びて気持ちがいいですよ。

 

体を倒した時に、お尻が浮きすぎないように注意してくださいね。

 

⑤ももの内側ストレッチ

最後は、ももの内側のストレッチです。

 

【高齢者向け】床で行うストレッチ体操の動作解説

 

ももの内側ストレッチの流れ
  1. 足の裏を合わせて膝を外に開く
  2. できるだけかかとがお腹の方に近づくように寄せる
  3. 背中を伸ばしておへそから上半身を倒す
  4. 体をゆっくり起こす

 

かかとをお腹の方へできるだけ近づけますが、膝が上に向きすぎると伸ばしにくいので、少し体からかかとを遠くに置いても構いません。ただし、足の形がひし形になるくらい遠くに置いてしまうと、ももの内側でなく外側が伸びるので注意してください。

 

いまめっぐ
いまめっぐ

このストレッチは、股関節周りもよく伸びるので姿勢がしんどい方は無理せず足を体から離しておいて股関節の外側を伸ばしましょう。

 

このストレッチは、上半身をたくさん倒すといいわけではありません。背中が丸まって頭から倒すとたくさん前に倒せますが、実際にはももの内側はあまり伸びない姿勢です。
背中を伸ばすと骨盤が起きるので、その状態をキープしながら伸ばすのがポイントです!

 

いまめっぐ
いまめっぐ

その為には、しっかり背中を起こしておへそを突き出すように倒しましょう!

 

 

 

 

以上!

【高齢者向け】床で行うストレッチ体操を健康運動指導士が動画で解説でした。

 

 

▼他にも高齢者向けの体操を動画で解説しています。

【高齢者向け体操】腰痛解消ストレッチを動画で解説
腰が痛い、高齢者向けの簡単なストレッチが知りたい方に向けて、床で行う簡単な腰痛解消ストレッチを動画で解説しています。また、体の構造の解説も併せて腰痛の原因も解説しています。腰痛で悩んでいる方や高齢者の方はぜひ参考にしてください。

 

 

 

\ご質問・ご相談はコチラからお願いします/

お問い合わせ

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました